スポンサーサイト

幸せな夢の続き

変わらず訪れてくださってありがとうございます。季節はすっかり変わってしまいました。お元気でしょうか?今年はどうやら暖冬のようですね。あたたかくとても穏やかに過ごしています。クリスマスリース用のモミやドライのお花を買いに出かけました。そこで多分初めてまじまじと見たブリザードフラワー。生花をそのまま薬品につけ色を付けてまるでフレッシュなままの花のように生きる?花たち。過程をきくと何だかどうだか?と思っ...

新しいHOME

長らくお留守にしていました。変わらず訪れてくださっていた方々へ。感謝のひとことにつきます。ありがとうございました。やっとなんとか、HOMEのかたちができましたが、一部工事中で、書きながら、撮りながら、癒しながら、つくっていこうと思っています。どうぞよろしくお願いします。Mood indigo 「ムード・インディゴ・うたかたの日々」はフランスの作家、ボリス・デュアン原作の小説を映画にした題名です。退廃的でありなが...

100年後の世界に

朝、支度をしながら観ているのか観てないのかわからない程度で朝の連続テレビ小説流し見。主人公のあさちゃんは江戸末期の両替商のお嬢さん。11歳でいいなづけが決まっているらしい。同じく姉も大阪の両替商に嫁ぐ事が決められていてお相手の息子さんは、能面みたいで、初対面でもニコリともせずずっと貧乏揺すりしながら目も見ない。あさちゃんがおっちょこちょいして目の前ですっ転んでも払いのける様。うちのお嬢さんが今、もし...

夕焼け散歩

谷中を訪れるのは三度目毎度出張の合間に急ぎ足の訪問。今回は以前の会社の同僚と8年振りの再会で上野から千駄木まで散歩しながらの再訪でした。お天気も程よい薄っすら雲り空の下。芸大は学祭だったのか、物凄い人の波。谷中霊園の横をぶらぶらしながら路地裏のカフェや氷屋さんをそぞろ歩き。今更、カヤバ珈琲を、わたしはずーっと、カバヤ珈琲だと思ってお菓子のカバヤみたいだと言ったら、カヤバ。と言い直されましたよ。とこ...

ミニマリスト

ミニマリストの生活を主題にした ドミニック・ローホーさんの「シンプルに生きる」を数年前に読んでそれまでの全てが増やす、溢れる。の生活からシフトしたくなったわたしは、いちばん大きなものから。ということで、食器棚ごと処分しました。モノも相当処分したつもりでしたが、気が付いたら押し入れはまた膨大な使わないものだらけ秋はいい季節だからもういちど処分しようと先週からごそごそ。。。2年位前から、そう、セラピー...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。